HOME > 新商品

新商品

GR-Tec 永久的な防炎性能

2017.03.20

『永久的』な防炎性能 GR-Tec

Flame Resistant Workwear ~Life time Guarantee~

 

 

優れた防炎性

難燃ポリマーをコットン繊維一本一本に練り込むことにより、
綿の風合いに高い防炎性を持続することができます。難燃ポリマーをコットン繊維一本一本に練り込むことにより、
綿の風合いに高い防炎性を持続するこ

GRtec_senni.jpg難燃ポリマーをコットン繊維一本一本に練り込むことにより、綿の風合いに高い防炎性を持続することができます。

 

 

 

 

 

火花に強い

スパッタを15秒以上浴びせ続けても生地が着火しません。

 

 

 

耐久性

GR-Tecはメタ系アラミド同様、100回の洗濯後※も防炎効果は変わりません。

Grtec_glaf.jpg

 

 

 

 

・低い収縮率

100回洗濯※しても収縮率7%以下を保つことで外観が劣化しにくく、本来の風合いを損なうことなく防護性を保つことができます。

※洗濯条件・生地状態によって異なります。洗濯後は風通しの良いところで、陰干しを行ってください。


 

 

 

ソフトな着心地

Grtec_soft.jpgGR-Tecは天然素材のコットンベースのため、ソフトな着心地で肌触りがよく、動きやすいので作業性が向上します。また、吸汗性にも優れています。


 

 

 

 

 

 

NFPA(全米防火協会規格)について

NFPA 2112 規格

産業事故等における突発的な火炎暴露に対応した難燃防護服の基準

Grtec_nfpa.jpg

● 洗濯前と100回洗濯後の燃焼テストを行う

● 燃焼テスト(垂直法):炭化長4インチ(10cm)以下 残炎2秒以下

● オーブンテスト:(5分間 500°F / 260°Cに曝して)溶解、発火しないこと

● 熱伝達テスト:第2度火傷に至るまでの伝達熱量が設定値以下であること

● マネキンテスト:火炎を3秒浴びせ、第2度火傷がマネキン表面積の50%以下であること

 

 

NFPA 70E 規格 電気作業安全規則

● 電気作業員はアーク熱量数値が出ている防炎服の着用を定める

● 作業により防護カテゴリー(HRC)を定め、それに対応した防炎服の着用を定める

 

 

 

 

EN ISO(欧州国際規格)について

Grtec_iso11611.jpgEN ISO 11611 溶接及び関連工程作業

● 火炎伝播性テスト(燃焼テスト)

● 鉄溶融飛沫テスト

● 熱伝達性テスト(輻射熱)

● 電気抵抗テスト

※Class1,Class2 と分けられる


 

 

 

Grtec_iso11612.jpgEN ISO 11612 耐熱・耐炎防護服規格

● 火炎伝播性テスト(燃焼テスト)

● 熱伝達性テスト(火炎)

● 熱伝達性テスト(輻射熱)

● アルミ溶融飛沫テスト

● 鉄溶融飛沫テスト

● 熱伝達性テスト(接触熱)

 

 

→商品詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

↓こちらからカタログをダウンロード

Cat_GR-Tec_L.pdf

 

<< 前へ |  新商品TOPへ